「レトロな物件」、今日は工事3日目。

今日は 「天井に設置されている照明器具の入れ替え工事」 です。

 

あの、「時代を感じさせるレトロ感あふれる照明」 をすべて撤去し、新しい照明器具へと交換する作業を行います。

 

 

 

今回も工事作業に立ち会いました。

 

工事作業に立ち会うと、

 ・今まで知らなかった知識

 ・職人さんのこだわり

 ・仕事のクオリティ

 ・業者の体制や考え方

などがよくわかります。 

 

なので、私はできるだけ 現場立会い をするようにしています。

 

 

 

工事や作業を業者さんへ依頼する場合、当社では最低3社以上から見積を取るルール となっています。 

 

そして業者さんを決める際の選定基準として、

 ・迅速・的確な対応かできるかどうか

 ・(見積書提出や現場調査の時間などの)約束は守るかどうか

 ・使用する材料や器具の品質

 ・納期

 ・価格

などとしています。

 

今回の照明工事も当社の選定基準に基づき、複数の業者さんから見積を取りました。

提出された見積書を見て、どの業者に工事をお願いしようか検討するわけですが、

 ・A社:価格はまあまあ、希望する内容の工事ではない、品番記載なし

 ・B社:価格は安い、「希望する内容」と「提案する内容」の2種類の工事見積、海外廉価品

 ・C社:B社以上A社以下の価格、「希望する内容」+「提案する内容」の工事見積、国内メーカー品

 

あなたならどの業者に工事を依頼しますか?

 

 

 

 

この続きは明日ご紹介します。

 

 

 

 

 

※工事作業中の写真をちょっとだけご紹介

 

 

 

  

   

 

アメブロ」とTwitter」やってます。

  

コンサルティングジャパン株式会社